レンタルサーバーとは

ホームページやブログなど、インターネット上で公開したいコンテンツを置く基盤となるのがレンタルサーバーです。本来、WEBで公開できるサーバーを作るにはネットワークの設定やセキュリティの担保が必要ですが、レンタルサーバーはそこを一挙に担い、会員登録だけでWEB公開できる環境を手に入れられます。

無料版と有料版では何が違うの?

使える容量

画像や動画の多いサイトを作るとレンタルサーバーの容量上限を超えてしまいます。文字を掲載する程度であれば無料版でもらえる容量でも十分ですが映像や音のコンテンツを用意する場合は注意しましょう。

利用できる機能

バックアップシステムやメールアドレスの提供などWEBページの運営に際して不可欠なサービスは有料版についてくることが多いです。無料版を利用中はその分の機能を自分で何か補う必要があります。

レンタルサーバーは購入よりもレンタルがお得!

パソコン

レンタルサーバーを導入するメリット

ブログでは制限があることが多いアフェリエイト広告も、レンタルサーバーなら載せられるサービスが案外多いです。WEBページを作るためにクラウドサーバーを借りてしまうと、設定項目が膨大になりますがレンタルサーバーなら最低限で済むというところもメリットだと言えます。

パソコンを操作する人

レンタルサーバーでできること

ブログを開設できるサービスはいくつかありますが自由度が低く、決まったデザインの中から選ぶ必要があります。レンタルサーバーの環境であれば容量以外に特別な制限はないので、好きなレイアウトでブログを運営することができます。WEBページを作る際にも作るページのことさえ考えていればアクセス時のセキュリティやファイル更新の権限などはほとんど意識せずに利用できます。

オフィス

レンタルサーバーの価格と相場

安ければ1か月500円程度で借りることができますが、容量が少なめになります。容量と使うサービス次第でレンタルサーバーを選びましょう。バックアップやアクセス解析のサービスは有料の別コンテンツになっていることがほとんどです。全部のプランで利用できるとは限らないので、開設だけでなく運用が軌道に乗ってきたころのことも想定してプランを決めると間違いがありません。ドメインがあるかでも価格は変わりますが一か月数千円レベルに収まるのが相場です。

PC

初めての導入で気をつけること

レンタルサーバーは簡単に更新できてしまう分、編集時に注意が必要です。うっかり押してしまった削除ボタンであっても、当然すべて有効な操作であり、元に戻すことはできません。そしてすぐにWEB上で公開されているページに反映されてしまうので、消してしまったファイルを何とかするまでそのページには繋がりません。ファイルを操作する際は、その変更がそのままWEBページに直結するという意識を持ち、少し緊張感のある中で取り組みましょう。

[PR]
0円パソコンを多数販売中!
低価格でネット環境が整う

使いやすいものを選ぶことが大事

せっかく作ったからには頻繁に更新したいところですが、作業が分かりにくいことを理由に更新されていないのはもったいないです。一度きりでなく繰り返し更新するので視覚的に使える使いやすいものを選ぶと失敗がありません。

広告募集中