故人と再会できる場所がある|霊園の決め手

人生の締めくくり方

夫婦

自分で身辺整理を行う

数年前から終活という言葉をよく聞くようになりました。日本は世界的に見てもトップクラスの長寿国家であり、高齢化社会です。終活とは、人生を終えるにあたり、お墓やお葬式などをプランニングしたり、財産や家財道具などの身辺整理を行って自分なりの人生をきれいに締めくくろうという考え方です。人が一人亡くなるということは、とても大きな出来事です。残された家族は、故人を偲びつつも様々な手続きやお葬式などの準備に追われます。また、故人が残していった家財道具や財産などの処置についても、トラブルの元になることもあります。そういったトラブルや手間を亡くなる前に少しでも整理をして、自分も家族も心置きなく最後を迎えるための活動を終活と呼んでいます。

トラブルの元を作らない

終活はまず、エンディングノートと呼ばれる、目的や目標となることを書き留めておくノートを作成することから始めるといいでしょう。このエンディングノートには、お葬式をどのように執り行ってほしいか、お墓はどうしたらいいか、財産や相続についての考えや決めたことなどを記しておきます。こういったことを残しておくと、家族ができるだけの配慮と共に故人の遺志を尊重することができます。特に財産や相続の件では家族や親せきなどでのもめごとの種になりかねないため、エンディングノートと共に遺産に関する遺言書を残しておくとトラブルを未然に防ぐことが出来ます。また、家財道具などの自分の荷物は少しずつ片づけを行い、不要だと思われるものや、今まで捨てられずにとっておいたものは、自分の判断で処分を進めていくことが大切です。