故人と再会できる場所がある|霊園の決め手

少しずつ片づけをしよう

ダンボール

残された家族のために

近年、終活という言葉をよく耳にするようになりました。終活とは、自分が亡くなった後、お墓やお葬式、遺産相続、財産、家財道具などをどうしてほしいかを明確にして残しておくという活動です。例え家族や親せきなど親密な付き合いがあった人であっても、亡くなった後にどうしてあげたらいいのか、遺族は悩むものです。また、財産や遺産相続などでは、遺言書などがまったくない場合に家族間のトラブルになりやすいものです。終活ではエンディングノートと呼ばれるものに、こういった取り決めを記入しておくことで、自分の人生の締めくくり方を自分でプランニングできるという点で、自分にも残された家族にも利点があります。遺品処理をする家族にとっての指針になります。

業者に頼むのもありです

遺品処理は残された家族にとって大変な作業でもあります。亡くなった人が一人暮らしだった場合、残された遺族は遺品処理とともにさまざまな手続きを行わなければなりません。賃貸物件の場合は、遺品処理後に清掃を行って引き払う必要があり、購入物件であればその後の処分や、残しておくとしても固定資産税などの費用なども掛かります。中でも遺品処理は大型の家具や電化製品に始まり、故人が使っていた小物や衣類などを処分しなければなりません。家族にとっては思い出の品や、形見分けにできるものの分別をするのも時間がかかります。電化製品などの処分にはリサイクル料なども発生する場合もありますし、家具などもトラックや人手がいるため難航しやすいものです。今では遺品処理業を行う業者がたくさんありますので、依頼するのも一つの方法です。